スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南国尾鷲も寒波襲来!!

昨日は南国尾鷲でも一日中雪が舞っていました。
寒い時は山を歩け! ということで・・・・
 

昼前から庁舎の尾根より取りついて、便石山稜線まで登りそこから南下して尾鷲の西側の400mピークまで縦走してコメリの駐車場に2時半に下山してきました。
稜線は雪が1cm~2cm積もってました。
尾鷲は終日雪が降ったりやんだり。
ネットで調べてみたら最高気温1時で2.6度、津は3時で3.7度。
津より寒かったんですね。
11時に2度まで上がった気温が12時には0.7度まで下がってる。
ちょうど12時ごろ雪が降りしきってたからね。
昨日は南国尾鷲でも一日中雪が舞っていました。

稜線手前からの尾鷲
稜線手前の尾根から尾鷲の街並み

天狗倉山1
ここから眺める天狗倉山は端正な単独峰でカッコいい

便石からの縦走路
今回歩いた便石からの縦走路


19日に矢の川の南谷からの高峰山に登山します。
普通の装備でだいしょうぶだろうか?
南谷は水が少ないとは思うのですが、凍ってるところが無いか心配。
おそらく高峰から汐ノ坂縦走は、1000m~800mなので、月曜から晴れれば雪は解けると思うのですが、北斜面など雪が付いていたら凍るでしょうか。
軽アイゼン誰も持ってないからなぁ~

スポンサーサイト

おわせ海・山ツーデイウォーク

先日11月20日(土)、天気にも恵まれ「おわせ海・山ツーデーウォーク、矢の川峠コース」が開催されました。
016.jpg
今回は初めての矢の川峠でのウォーキングだったので少し不安もありましたが、全体的には無事終了と言っておきましょう。013.jpg

実は少しトラブルがあったのですが、大事に至らず皆さん矢の川峠出の展望と私が用意したお茶や資料を楽しんでくれたようです。

015.jpg

知り合いや遠方からいらした方も多数いらっしゃいました。

また来年も矢の川峠で開催されればいいですね。

いよいよ今週末「第7回おわせ海・山ツーデーウォーク」が開催されます

第7回おわせ海・山ツーデーウォークの新コースとして、「バスが通った道、矢の川峠」が設定されました。
今週末の20日(土曜日)にいよいよ熊野側大又から尾鷲側千尋橋まで、100人の定員でウォーキングが開催されます。


現在のところまだ定員に達していないので、今からでも申し込みはできると思います。
もちろんウッドペックにお泊りの場合は「地元イベントプラン」でお一人4,000円でお泊りできます。
熊野古道センターから行き帰りをバスを利用するので参加費以外にバス代1,800円が必要です。
詳しくは尾鷲市の「おわせ海・山ツーデーウォーク」の詳細ページをご覧ください。

先日、市職員の方と峠熊野側を下見してきました。
尾鷲側は携帯がつながるのですが、熊野側は歩きだすとすぐに圏外になってしまいます。
緊急の連絡対策のため、防災無線がどの程度繋がるかを検証しなければならないので、峠と連絡を取りながらデータを取りました。
その結果途中に一か所中継場所を置けば連絡をとれることが確認できました。

この時期熊野側を歩いたのは初めてだったのですが、山の紅葉が綺麗で道も落ち葉のじゅうたんで歩きやすく、
快適でした。
峠でも視界が良く、眼下の山々の上には雄大な熊野灘の水平線が広がり、久しぶりに志摩半島の先端まで見ることができました。
残念ながら今週土曜日は少しお天気が良くないようですが、雨や霧にならなければいいのにと思っております。

当日昼前から参加者が峠を下りはじめるまで、私も峠でお茶のもてなしをする予定です。
資料や未公開の写真なども用意するので、峠の昔の様子を感じてもらえるかと思います。

それでは参加者の方、当日お会いしましょう。

久しぶりのかきこです・・もうすぐ花火・・

今日は8月最初で最後の、子供と一緒に過ごせる1日。
8月は忙しくて、いつも あっ というまに過ぎていきます。
お盆は休みなしで働くので、今度一緒に過ごせるのは8月末か9月に入ってからです。

そこで今日はかねてから行きたかった、熊野の赤倉の自然の水流滑り台に行ってきました。
誰もいなくって貸切状態。
子供たちは最高に楽しんでました。
この辺は柱状節理がよく観察できます。
川床はそれらの岩石が浸食され、まるで蝶の羽を広げたような模様があちらこちらに見られます。
子供たちが沸石らしき鉱物を見つけたらしいのですが、大きいので持ってこれなかったようです。
確かにこの辺の岩質だと沸石があってもおかしくない。

次回は沸石探しに行ってみますか・・

尾鷲の老舗、大瀬勇商店が、NHK教育テレビで紹介されます。

創業100年の老舗、大瀬勇商店が22日金曜日午後0時よりNHK教育テレビで紹介されます。(産地発! たべもの一直線「三重 尾鷲市発 かつおの生節」)

【番組内容】

三重県尾鷲市の名物は、熊野灘の新鮮なかつおをゆでていぶした、ぜいたくな「生節」。しっとりとして香ばしく、うまみが濃い。大瀬勇人さん(47歳)は100年以上続く加工場の4代目。地元の新鮮なかつおだけを使うことにこだわっている。尾鷲港にあがる身の締まったかつおは、生節に最適だという。昔ながらの作り方を守り、加工に使う材料も、地元の山に登り、調達している。かつおの町の伝統を受け継ぐ職人の技を紹介する。

私の同級生の大瀬勇人がガンバッテマス!!
お暇な方見てやってくださいませ。

大瀬商店の生ブシは、net横丁の東ノ紀州屋で買えます。
==> 
http://www.netyokocho.jp/kisyuuya/


生節は単独でも販売します。
1本550円【税込み】です。
詳しく知りたい方はコメント、またはメールください。

東ノ紀州屋メール kisyuuya@mado.ne.jp

KATUO02--s.jpg

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

最近ご無沙汰です

先月からご好評の熟成発酵黒にんにく”元気くん”が、
尾鷲海洋深層水仕込み
となりました。

今までよりも発酵の過程で多くの変化が認められ、食物波動なども20%ほどアップしております。

現在中国産の物のみの扱いとさせて頂いておりますが、近日中に国産(青森6片)の物も発売する予定です。

三重テレビの取材で矢の川峠に行ってきました・・

昨日三重テレビが熊野の映画「道」上映実行委員会の取材に来ました。
熊野の聞き取りの後矢の川峠に行くとの連絡が入ったため、私も同行しました。
R42から旧道に少し入った広場で待ち合わせして、そこでネイチャーセンターの所長さんのパジェロに同乗させてもらう。
三重テレビの記者の方一人と、元国鉄バスの運転手の方,計4人で峠まで登る。
ところどころで撮影しながら、元運転手の方の話を聞く。
先日行ったときの雪は消えていましたが、峠は相変わらず風が吹きさらしてかなりの寒さでした。
記者の方は薄着で、寒い寒いを連呼してました。

ヘルメット

私がバイクショップ「アパッチ」にいるときに、オリジナルペイントした物です。
ゼッケンの79は、昔何回も参加した山形県のラリー「レイドカムロ」の私の固定ゼッケンです。
その時のバイクがカワサキのKDX200D。
空冷のエンデューロレーサーで逆輸入のやつ。
なんと南アフリカ使用ってレアな物。
そうなんです・・一回南アフリカまで旅をしてもう一回日本に帰ってきたやつ。
じゃじゃ馬で扱いにくいやつでしたが、かわいいやつでした。
このヘルメットでそのバイクで4回出場しました。
最後の一回はここ尾鷲から山形まで途中一泊で遠征。
まだたま~にこのヘルメットをかぶります。
そんな時はあのラリーの夏の日が思い出されて,少し熱くなります。
前夜祭のライブ、夜が明けると同時に起きてスタート前の緊張、応援のやつらの歓声、完走したときの充実感、山形の澄み切った青空と最高にうまいウサギメシ!

ヘルメットにはこんな思い出が他にも沢山入ってるんです。
79.jpg

初カキコ

明けましておめでとうございます
いつも尾鷲の天満から初日を見るのですが、今回は矢口から須賀利に抜ける林道より初日です。
私一人かと思いきや、日の出が上がる少し前に須賀利から3人の親子が歩いて上がってきました。
30分はかかるだろうな~

写真手前が須賀利湾、少しだけ海の上に雲があったのでその雲と雲との間からの初日でした。
s-2007_0101_070348AA.jpg

久々のミニツーリング

4台でミニツーリング食事会です。
スズキ3台の中に、BMW1台で山道をくねくね・・
熊野のとある山里のあまご料理のお店。
1日一件のみの予約制です!
携帯も繋がらない、自動車の音もしない,昔の農家をそのまま使った部屋で落ち着いた気持で食事ができました。
見て楽しい食事をバイクの話をしながら食べる、本当に楽しいひと時でした。
s-2006_1224_120513AA.jpg


s-2006_1224_121427AA.jpg


s-2006_1224_122725AA.jpg


s-2006_1224_123838AA.jpg


s-2006_1224_123940AA.jpg


s-2006_1224_132856AA.jpg


s-2006_1224_144547AA.jpg


近くで猟犬を仕込むためのイノシシの柵があり、10頭ばかりのイノシシがうろうろしてました。
来年の年男のまっさんとしては、他人の様には思えませんでした。

s-2006_1224_140237AA.jpg

今年は雨が多いよ~

今年は暖冬で雨が多いです。
11月、12月と本当に暖かいですねぇ・・
タイヤ屋さんがスタッドレスが売れなくて泣いてました。
日に日に温暖化が進みあと10年20年したら日本の国土の1パーセント位が海に沈んだりしてるんじゃないでしょうか。
海の水も塩分薄くなるのかなぁ~

う~ん 脂肪の少ない私としてはますます浮かなくなって泳ぐの大変やなぁ~

矢の川峠の映画「道」上映会大成功!

本日開催の「矢の川峠」児童劇映画「道」は大盛況でした。
熊野市民会館にこれほど人が入ったのは久しぶりのようです。
820名定員の会場が立ち見も含めて入りきらない状況!!
スタッフの方ご苦労様!
見に来てくれた方ありがとう!
入れなくて帰られた方、誠に申し訳ありませんでした!!
岡山からバイクDT125で来てくれたお兄さん、気おつけて帰って下さい。また連絡くださいね!

念願の稲田のぶへさんの全身写真が見れて感激です。
また矢の川峠に行ってみたくなりました。
来てくれた人皆が懐かしい人に会うような顔でトークや映画を楽しんでくれました。
今回のイベントで旧矢の川峠の重要さを再確認しました。
くまの古道もいいけど,近代の古道矢の川道も素晴しいもんです。

今度は尾鷲で上映する予定です!
誰か手伝って~・・
s-2006_1206_184502AA.jpg

s-2006_1206_203122AA.jpg

峠茶屋のおばさん 稲田のぶへさん

今年のみかんは不作のようで・・

早生みかん最盛期の12月。
今年は不作のようで、需要に供給がおっつきません。
お客様からも今年は小さいサイズのみかんが手に入らず、また大きいのも高値だと聞いておりますが、御浜も例外ではなく最近小さいサイズの物が入荷しません。
幸い価格は上がる事はありませんが、お正月まで在庫があるか心配です。
その頃には中生みかんが始まりますが・・

さて先日北海道のお客様から商品のクレームを頂きました。
この季節になると配送業者も立て込んで通常2日のところ3日かかる場合もあるようです。

注意を払っておりますが、みかんの状況、配送環境、お届けまでの日数などでどうしても傷みが来る場合があります。
この時期のみかんは皮が薄くなっており、また当店のものは傷物訳ありのものがあります。
商品の傷みがひどい場合は遠慮なく申しつけ下さい。

しばらくは北海道、九州の発送を取りやめます。
ご了承下さい。

またまた 通行止めです

昨日の夜8時すぎから、国道42号線の矢ノ川峠が雨により通行止めです。
ここ尾鷲は南北に国道が走っていて、どちらも峠なので雨が良く降ると通行止めになり何処にも行けない状態になります。
先日は北に向かう馬越峠が12時間ストップ!
今回は南に向かう矢ノ川が・・・・
おっと・・ 今解除になりましたねぇ・・
今回もちょうど12時間でした。
12時間車で待っていたお仕事の方、ご苦労様!
高速道路ができればこういう事は無くなるのかなぁ~
いずれにせよ300mm~400mmで通行止めでしょうねぇ・・

以前馬越峠は雨量規制がない峠でした。
おそらく全国でも雨量規制がない峠なんてここだけだったでしょうね。
しかし2年前の豪雨で50Mほど崩壊しました。
幸これほど大規模な崩壊でも巻き込まれた車はありませんでした。
とっ 言うか、もう車が通れる状況じゃなかったんですねぇ。
峠のふもとの町はほとんど水没して国道も走れる状態ではなかったみたいです。
それからは馬越峠にも雨量規制ができました。

この地方に大雨は日常茶飯事。
逆に豊富な水と,きれいな空気に感謝感謝!!

みかんの季節到来!!

いよいよミカンの季節到来!!

ここ東紀州は日本有数の雨の多い地域で、
山の斜面にたくさんのミカン畑があります。
太陽の光をいっぱい受けて、きれいな水で育ったミカンが今年も出荷し始めました。
これから冬にかけて温州みかんが取れるのですが、今はまだ青いので別名青ぎりミカンと呼ばれます。
確かにまだ少し酸味がありますが、日に日にどんどん甘みが増していきます。
11月には早生みかんが出始めて、甘さは絶好調!
12月末から中生みかん【お正月に食べる少し平べったいみかん】が出回ります。
その後ポンカンや伊予カン、カラーオレンジなど春から初夏のみかんへと目白押し。
みかん大好き人間のまっさんには、ほんとうれしいですね。

みかんのご注文は、「くまどこショッピングモール」へどうぞ!

 ☆ みかんのプレゼント、やってま~す!
   ==> 東ノ紀州屋のみかんプレゼントのページ

aogirimikan1


やっと町学校の運動会が終わりました。
来週は保育園の運動会です。
たまに走るとしんどいなぁ~・・

tag : みかん 柑橘 ミカン

東紀州は水晶の産地?

最近鉱物関連の事ばかり書いてるみたい。
どうやら『石』にはまってしまったみたい!!

今回子供にせがまれて、以前から下見で確認していた紀北町船津の水晶を採りに・・
靴を脱いで川を渡り白い石英が沢山散乱している斜面をよーく探すと、
単昌の水晶がどんどん見つかる。
残念ながら大きい母岩付きの物は、結晶が折れて綺麗な物が見つからない。
おそらくほとんど持ち去られた後なんだろう。
ここ船津の水晶は不純物が多く白っぽいくすんだものしかないと、聞いていたのですが、今回ひじょうに透明度の高い結晶もいくつか採集できました。
先日名古屋ミネラルショーで購入したヒマラヤ産の水晶にも引けをとらないくらいクリアーな物です。
前回の下見では時間がなかったので、大きい石英の固まりを2個だけ持って帰りましました。
今回は単結晶も見つかったので斜面をさかのぼって石英の層が見つからないかと探してみることにしました。
斜面が急なので3年生の息子に注意をしながら、石英の落ちている場所ををたどっていくと、はるか上のほうに石垣が見えてきました。
斜面の途中に炭が落ちていたので、おそらく炭焼きの後だろうと息子と話しながら登る。
いよいよ石垣のすぐ下まで来ると、石英や水晶の小さいかけらがたくさん落ちている。
横から石垣の上の小さなテラスに登りきると・・
思わず『お~なんじゃこりゃ~』と叫んでしまった。

そこには山の斜面から斜め下にずっと続く坑道があったのです!
そうなんです。 ここは実は鉱山跡だったんですねぇ~
今まで船津鉱山の情報などをインターネットで調べたり地元の方に聞いたりで場所は大体分かっていたのですが、どうやらこの坑道は船津鉱山とは違う物と思われます。
一体いつ頃何を採っていたのか、定かではありませんが、そのうち調べてみようかと思います。
今のところ石英以外の鉱物は見られないので、石英鉱山だと思いますが、二次鉱物もありそうなのでもう少し調べてみます。

それにしてもここの水晶の結晶が、ひじょうに変化に富んでいて面白い!
今のところ日本式水晶は出てませんが、平水晶や結晶の途中、真横に両剣の水晶が付いていたり、見ていて飽きない物ばかりです。
近日中にもう一度行って、今度はもう少し詳しく調査してこようかと思います。

名古屋ミネラルショーに行ってきました。

名古屋ミネラルショーに行ってきました。
実は並行してもう一つ大事なイベントがありました。
それは鉱物鑑定士の8級の資格試験なのです。
真ん中と上の子供、それに私の計3人が受験。
あらかじめ3人で勉強会をやっていたので、内容は難しくありませんでしたが、なにせ3年生の息子には、問題の漢字が読めなくて、そこだけは、試験管の方に説明してもらって、何とか終ることができました。
結果が楽しみですけども、勉強嫌いの二人がよくがんばったので、落ちてもうかってもまあ良しとしましょう。
ミネラルショーの方では、なかなか買いたいものが見つからず、結局水晶と、ばら輝石を買っておしまい。
本当は輝安鉱がほしかったんだけど・・ 高くて・・

水晶

水曜の定休日、ちょっくら山歩きついでに水晶を取ってきた。
場所は赤羽川の支流。
大きい物はなく,母岩に小さいものが沢山付いているものと、おそらく霰石と思われる方解石の親戚も採ることができました。
顕微鏡で写真を撮ったので何枚か載せます。s-suisyou4.jpg

suisyou5.jpg

s-suisyou2.jpg

s-houkaiseki-3.jpg

紀州鉱山に行ってきました

子供らにせがまれて、日曜日午前8時から紀州鉱山に鉱物採集に行ってきました。
以前イベントで参加したので、現地へは迷わずいけました。
前回よりは私も息子たちも心得たもので、どんどんお目当ての黄銅鉱石や方解石など見つけてくる。
私も今回は方鉛鉱を見つけてまずまず。
近くの温泉に入って帰りました。
これで帰って美味しいもん食って寝れれば大満足なんですが、それからが本番!
5時から営業が始まって、あっという間に0時。
寝たのはいつもどおり朝の5時でした。
s-oudoukou2.jpg

黄銅鉱
s-oudoukou1.jpg

今回の物は結晶がよく分かります。
よくある立方体の物ではなく、変形バージョンのようです。
s-henaenkou1.jpg

方鉛鉱の断面を200倍で拡大しました。
自然が作り出したものだとは思えませんなぁ~
ほんと不思議です。

先日勢和村に行ってきました。
実はここの丹生というところに水銀の鉱山跡があるのでそれを見に行ったのです。丹生に入ったところからいきなり道端や斜面が紫陽花だらけ。
どうやら村を上げて紫陽花を植樹しているようで、本当に綺麗です。
ここには水銀の坑道跡のほか、江戸時代に造られた用水路が観光のメインになっているようです。
この用水路は立梅用水と呼ばれ江戸時代後期に15年の歳月を費やして完成しました。
近くの櫛田川より野山を駆け抜けトンネルを掘り、隅々まで水が行き届きました。
素掘りのトンネルは今でもそのまま使われています。
この用水路沿いが遊歩道になっていて、紫陽花が切れ間なく植えられてます。
狸掘りの水銀採掘後もところどころにあります。

この後櫛田川に行き、鶏冠石を採集する。
なかなか見つからなく、諦めて帰ろうとしたら、川原へ降りたその場所に発見!
オレンジ色の層がくっきりとあり、少しほじくってみると赤い綺麗な物がいくつか取れました。
白い石英の層のようなものが岩にいくつも走っており、その部分をカットしてみると綺麗な方解石の結晶が・・
川原には変わった石がごろごろ、う~ん面白い。
この辺は中央構造線沿いだから、いろんな石がある。
また一度ゆっくり来たいものです。


続きを読む

プロフィール

まっさん

  • Author:まっさん
  • 管理人のまっさんですよ!

    バイクが好きで、自然が好きで、仕事があんまし好きでないちょっと普通な人間です

    ちなみに24時間、いつ書き込みに来るかわかりません
    人に『お前いつ寝てるんだ』ってよく言われます
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。