fc2ブログ

東紀州は水晶の産地?

最近鉱物関連の事ばかり書いてるみたい。
どうやら『石』にはまってしまったみたい!!

今回子供にせがまれて、以前から下見で確認していた紀北町船津の水晶を採りに・・
靴を脱いで川を渡り白い石英が沢山散乱している斜面をよーく探すと、
単昌の水晶がどんどん見つかる。
残念ながら大きい母岩付きの物は、結晶が折れて綺麗な物が見つからない。
おそらくほとんど持ち去られた後なんだろう。
ここ船津の水晶は不純物が多く白っぽいくすんだものしかないと、聞いていたのですが、今回ひじょうに透明度の高い結晶もいくつか採集できました。
先日名古屋ミネラルショーで購入したヒマラヤ産の水晶にも引けをとらないくらいクリアーな物です。
前回の下見では時間がなかったので、大きい石英の固まりを2個だけ持って帰りましました。
今回は単結晶も見つかったので斜面をさかのぼって石英の層が見つからないかと探してみることにしました。
斜面が急なので3年生の息子に注意をしながら、石英の落ちている場所ををたどっていくと、はるか上のほうに石垣が見えてきました。
斜面の途中に炭が落ちていたので、おそらく炭焼きの後だろうと息子と話しながら登る。
いよいよ石垣のすぐ下まで来ると、石英や水晶の小さいかけらがたくさん落ちている。
横から石垣の上の小さなテラスに登りきると・・
思わず『お~なんじゃこりゃ~』と叫んでしまった。

そこには山の斜面から斜め下にずっと続く坑道があったのです!
そうなんです。 ここは実は鉱山跡だったんですねぇ~
今まで船津鉱山の情報などをインターネットで調べたり地元の方に聞いたりで場所は大体分かっていたのですが、どうやらこの坑道は船津鉱山とは違う物と思われます。
一体いつ頃何を採っていたのか、定かではありませんが、そのうち調べてみようかと思います。
今のところ石英以外の鉱物は見られないので、石英鉱山だと思いますが、二次鉱物もありそうなのでもう少し調べてみます。

それにしてもここの水晶の結晶が、ひじょうに変化に富んでいて面白い!
今のところ日本式水晶は出てませんが、平水晶や結晶の途中、真横に両剣の水晶が付いていたり、見ていて飽きない物ばかりです。
近日中にもう一度行って、今度はもう少し詳しく調査してこようかと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

まっさん

  • Author:まっさん
  • 管理人のまっさんですよ!

    バイクが好きで、自然が好きで、仕事があんまし好きでないちょっと普通な人間です

    ちなみに24時間、いつ書き込みに来るかわかりません
    人に『お前いつ寝てるんだ』ってよく言われます
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク