fc2ブログ

出産ラッシュ!

2ヶ月前に身内からめだかを4匹もらったのですが、水草にたくさん卵を産んだんです。
生まれた時に親に食べられたらいけないので別の水槽に移したのですが、気が付くと1mmほどの赤ちゃんが2~3匹泳いでいるではありませんか。
まぁ~ナント かいらしぃ~んやろ・・(かわいいだろう)

日に日に数が増えて、今では30匹ほどになりました。
大きいものは2~3mmになって、元気に泳ぎ回ってる。
ふと気が付くと、水槽の表面になんか付いている。
よーく見るとおたまじゃくしの卵のミニチュア版が3つ。
それにその周りに0.5mmほどのつぶつぶが・・
虫眼鏡で見てみると、ナント一緒に水槽に入れていた貝の赤ちゃんではありませんか!!
これまたかわいい!
小さいので肉眼では点にしか見えないけど確かに動いている。
生命の神秘、すごい!

うちのガキどももそーいや凄いよなぁ~ 違う意味で・・

s-2006_0612_114715AA.jpg

続きを読む

昔のアルバイトがやって来たよ・・

昨日、前のお店でアルバイトをやってくれてたF君が、3時間半かけて名張からやって来ました。
それも最近結婚した奥さんとプラスお腹の子供と3人で・・
イヤー5年ぶりでしたが懐かしい限りです。
奥さんは昔うちの店にも来た事があるとか・・
初めてのお子さんで大変やけど、がんばりや~
あと二人は生まなあかんで~
またお子さん大きくなったら遊びに来てな~

しかし同じ三重県内でも名張までは3時間以上かかるんですねぇ。
大阪でも3時間半もあれば行ってしまうのに・・

s-2006_0611_220920AA.jpg

尾鷲弁

尾鷲弁講座ってテープを知り合いから借りたんさ~
こんなんあるって、知らなんだよ~
きーてみたら、これがまたおもっしょいんさ~
バカバカしくもマジで納得したり笑えたりで、ほんま笑えるんさ~
今のバイトの高校生なんかに聞かせたると、分からん言葉があるっていーよるんさ。
信じられん話やけど、高校生には尾鷲弁をよーしゃべらんこ~もおるんやで~
「こりゃ~この尾鷲弁講座のテープ聞いて、勉強せなぁあかんなぁ~」
って言ぅーたると、「何で必要なん?」 って聞かれたわい
そりゃーお前らの子供に教えなアカンやろ~?
って言ってやったで・・
今は親もあんまり尾鷲弁使わんし、周りの環境下でも尾鷲弁がスタレてっきょる。
そろそろ小学校でも英語だけじゃなーて、尾鷲弁も教えなアカンで~

和太鼓アンサンブルTOKARA

尾鷲節コンクールに、ゲストで和太鼓集団「TOKARA]がやってきた。
やっぱスンバラシイですねぇ~
全員の演奏もよかったけど、リーダーのアートリーさんのソロがよかったねぇ・・
また来年来てね!s-2006_0528_124954AA.jpg

s-2006_0528_125252AA.jpg

s-2006_0528_131405AA.jpg

s-2006_0528_133358AA.jpg

昨日、数キロ離れた実家に行ったんですが,庭や周りの道端に咲いている花々を撮ってみました。
名前など知らないですが綺麗なもんは綺麗なんです。
もうすぐ紫陽花も咲き始めます。
実家の前の紫陽花は見事なので、時々通りがかりの方が写真を撮っていきます。
また盛りの時に何枚かアップします。s-2006_0521_133935AA.jpg

s-2006_0521_133639AA.jpg

s-2006_0521_134320AA.jpg

s-2006_0521_133426AA.jpg

s-2006_0521_133519AA.jpg

カメムシ・・

今年はカメムシが多いような気がする・・
何年か前に大発生したんですが、今年当たりその再来か・・
店の外の窓にもいつも数匹カメムシが張り付いてます。
昨日なんかアルバイトの髪の毛にくっついてたり、店の天井に数匹張り付いていたりして、そろそろ被害が出てきそうな予感。
夜のコンビニなんかやつらの溜まり場で、臭いのなんの・・・
カメムシ撃退グッツなんか売り出したら、よく売れるやろなぁあ~
農家の方もカメムシにはだいぶ被害を受けてるみたいです。
店舗のウィンドなどのカメムシ予防の薬剤散布は、ダスキンがやってるみたいです。

尾鷲の甘夏みかん狩り

尾鷲天満浦の知り合いのみかん畑で、みかん狩りをしてきました。
広い畑のほんの一角だけで、100kgほど採らせて頂きました。
今年は昨年の少雨の為みかんの大きさは小粒で酸味も少し強いようです。
ここ尾鷲のみかんは甘夏しか生産してませんが、生産者の高齢化に伴い事業を辞める方も多くなってきております。
今回採らせていただいた畑も、持ち主の方は高齢でほとんど手入れができない状態で、除草も農薬散布も一切しておらず、かえって安心して食べられるみかんということになります。
ただやはり除草や、なったみかんを収穫しないでいると、木は徐々に痛んで最後には枯れてしまうんです。
後継者もいない荒れ放題のみかん畑がどんどん増えていく現状に、何か良い対策はないのでしょうか・・

ki.jpg

ゴールデン名ウィークやでぇ~

ゴールデンウィーク本番!
天気もよくて、お休みルンルンな人もイ~パイいるんでしょうね。
関東は30度越えて、真夏日だとか・・
さて東ノ紀州屋は年中ほとんど無休!
今週はず~と休みなしです。
サンフルーツや熟成にんにく、梅干などぼちぼち注文入って,本業はヒマなんでがありがたい!
こんな田舎でも今週から来週にかけては人口が2~3割は増えるんです。
今日あたりから本業も忙しくなるかな~・・

いらっしゃ~い!

以前松阪でお店をやっていたときのお客様が来てくれました。
二年ぶりなんですが、わざわざ寄ってくれるのはありがたいです。
また2年後に待ってます。
写真何故かぶれてしまってました。ごめんなさい!
maruhachi.jpg

セロー復活!

セロー復活しました。
かかり悪いのとエンジン暖まるまでツキがめちゃくちゃ悪いので、スロー系かな?っと思いきや、
エアークリーナーがぼろぼろでかつべとべと。
キャブオーバーホールとバッテリー交換、エアーフィルター加工で、エンジンかけるとすぐにかかりました。
ルンルンで試乗に出かけると、どうも低速での調子が悪い。
洗浄した時の水が残ってるのかな~
かかりも良いし、上のほうはよく吹けるんだけど・・
本バイク屋が言うのもなんですけど、原因なんでしょうかねぇ・・
もうちょっと様子見よ~

春やねぇ~

くまのネイチャーセンターが行なうおもしろ自然楽校の「植物観察会と山野草クッキング」に行ってきました。
当日は早朝まで雨が降っていた為天気を心配してましたが、開始時間の午前9時ごろには西の空に青空ものぞき、野山を散策するのに最適な気候になってきました。
スライドを見ながらの簡単な勉強会で草花の知識を頭に入れ、いざフィールドへ・・ 
普段何気なく見ている草花も、興味を持って見てみると観賞植物です。見て、触って、匂いをかいで、かじってみて【すっぱかったり、青臭かったり】とまさに五感を使っての観察。コースの最終場所には、観察用の顕微鏡もあり、普段見れない植物の姿が見れました。最後に毒のある食べられない植物の説明を受け観察を終了。

11時半頃からは場所をグランドに移し、採った野草をてんぷらにしたり、おさすりを作ったり。今回の主食、竹の子ご飯は、太い竹を使ってその中にお米、竹の子、だし汁を入れて、豪快にまきで炊き上げました。うつわも竹を使ったもので、食べた後はいろんな用途に使えるので、持ち帰る人も・・
おなかいっぱいになったところで、全員で記念撮影をして解散。会場になった少年自然の家の中にある池では、早くもトンボがヤゴから孵って成虫になるところを観察できました。いよいよ春本番。

次回のおもしろ自然楽校【「ストーンウォッチング」ノ川の石っころを観察しながら、熊野の起源を探ってみよう】にも参加するで~
s-2006_0416_094433AA.jpg

2.jpg

7.jpg

東紀州これからどうする!?

今日からこの地域【東紀州】の現状や問題点、これからの地域再生に向けての対策や将来の目標などなど、思いついたまま書き込んでみようと思います。

まずここ尾鷲とは、東紀州とは・・
紀伊半島南東斜面に位置し、三重県の最南端であり、急峻な山と太平洋【熊野灘】に挟まれたほとんど平地の無い地形である。
経済的には関西圏と中部圏の狭間にアリ,メディア【テレビ,ラジオ】も東紀州の北部と南部では違ってくる。
南には和歌山県、西の山間部は奈良県に接しており、特に海から奈良県県境までは直線で20km~5kmほどしかなく南北に細長い形の地域です。
しかしながら、山が険しく奈良県との経済交流はあまりなく、主に三重県北中部や和歌山県南紀地方との繋がりに限定されます。
産業は第一次産業が主で、山林は古く江戸時代初期の頃から植林が始まり、特に檜の産地として近代まで栄えてきました。
また漁業でも近海から遠洋漁業、養殖業まで日本で有数の良漁港として全国に知れ渡ってきました。
工業はほとんどなく、尾鷲に火力発電所がありますが現在事業は縮小傾向です。
観光は数箇所の温泉と古くからの名所がいくつかありますが、集客はあまり見込めません。
最近になって紀北町や熊野市で体験型の観光が盛んになってきております。

さあ地域の概要はこんなもんで、今どんな問題があるんでしょう・・

人口の激減
2030年現在の2万2千人から1万7千人に人口が減ってしまう!三重県で人口過疎化ワースト2位!

職がない
地元の経済が破綻寸前で商工業の縮小、公務員の人員削減、企業の撤退などが続く。

観光資源がない
従来の観光に頼ってきた為、新たな観光資源の開発、活用の試みが遅れている。

地域の連帯意識がない
地形的な問題などで、古くからそれぞれの町独自の思想、文化があり、その事が町同士の交流の弊害となっている。

郷土教育のレベルが低い
地元の優れた文化や、中世から近代にかけての東紀州における活発な経済活動などを教育し、将来につなげなければ東紀州の未来は無い。

まだまだありますが、本日ここまで

田舎のいなか!

尾鷲の誰も行かない高原地、小原野やで。
昔は小学校の遠足などで行ったり、遊び場の一つとして利用しとった。
いまや下界からは隔離され尾鷲市民から忘れられた地域やで。
尾鷲で数少ない昔と変わらん地として、私が好きな場所なんさ。

そうそう、イワナの里っていう、動物園もあるしなぁ?!
ダチョウやイノシシ、バンビもおるで~!

s-2006_0406_065625AA.jpg

田舎にこんかなぁ~

先日、尾鷲市内の古江町で海洋深層水施設(アクアステーション)の竣工式がありました。
私も地元ポータルサイトの取材で行って来たんですが、尾鷲市街地から標高500メートルほどの峠を越えて30分程のドライブ。
海岸線まで下りて来ると、海がキラキラ、山の緑が綺麗で本当に幸せな気分になるんです。

改めて田舎ってええもんやなぁ~ なんて思ったりしました。
古江のある賀田湾は奥が深く、外海からのうねりもあまり影響しないので、いつも比較的穏やかです。
あと3年もすれば、現在建設中の4kmのトンネルが開通して、20分程で行けるようになります。
釣りができ、山菜が採れ、空気がきれいでしかも土地はめちゃ安い!

田舎暮らしに最適地域です。
田舎暮らしは「田舎暮し支援サイト よいとこネット」で決まり!のぞいて見てね。

ちなみにアクアステーションでは、海洋深層水がいつでも安く買えるので、毎日深層水温浴が楽しめますよ~

s-sisetsu.jpg

デコポン参上!!

みかんの王様でこぽん
フルーツショップでは1個300円はします。
デコポンは「清見オレンジ」に「ポンカン」を交配して育成された交雑種です。
特徴は皮が剥きやすく強い香りと濃厚な甘み、ほのかな酸味があります。
東紀州、御浜の太陽の恵みをたくさん受けて育った、味の濃い~い”デコポン”です。

お届けするのは2Lサイズのもので多少に傷がありますが、中身はまったく問題なし。
送料コミコミで3,200円 と超格安です!
s-deko1.jpg

続きを読む

まことに久しぶりです

こんにちは 3ヶ月に一回の書き込みです!
な~んて、怒られそうですね。

近況です。 

本業の焼き鳥屋が大変です! ヒマなんです・・
やっぱり地域の景気はず~~と下降トレンドなんですかねぇ・・
ある銀行の調査機関が出した報告では、ここ東ノ紀州の尾鷲に人口は2030年には現在の2万2千人から1万7千人に減少するようです。
なんと三重県の市町村で、過疎化率ベスト2!!

ベストっていっても過疎化率ですから、な~んにも偉くありません。
高齢化も進むでしょうから、実質の購買人口は半分以下ってことになりかねません。
オソロシヤ~

仮想店舗東ノ紀州屋はというと・・
最近サボって商品売込みに力入れてないので、あんまし売り上げよくないです。
やっぱりお客様は、お店のガンバリと誠意に敏感に反応してくれますね。
メルマガやきめ細かなサービスなどが必要なんです。
現在、東紀州水ヤーヤ祭りDVDがぼちぼち売れてます。
これから熟成にんにくがブレイクするような気配です。
元祖尾鷲の熟成にんにく「元気くん」は、昨年暮れより月産5トン体制になりました。
デパートやスーパーなどでも見かける事も・・
食品の頂点に立つ、驚異の健康食品です。

みかんはこれからデコポンとサンフルーツのシーズンが始まります。
去年は随分注文いただきましたが、今年もお客様の期待に答えられるよう頑張ってみますわ。


さて、私まっさんは今新しい仕事を模索してます。
と言っても、もうすでにある事業なのすが、そこで新たな事業展開にかかわらせてもらう予定です。
また報告できる段階がきましたら、カキコします。

PS:消費税納税きついです! なりわい商売の焼き鳥屋には、この増税は涙ちょちょ切れマス!!

おけおめ!

あけましておめでとう!!
暖かい穏やかな元旦です。
いつも仕事で忙しいのでお正月気分ありませんが、それでも恒例の尾鷲湾の初日の出を撮りに行きました。
3年前2年前と、きれいな初日が撮れましたが、昨年は用事で行けず、今年も天気予報は曇りで、初日はあきらめていました。
が、日頃の行いが良いのか、雲の切れ間から、少しぼんやりとした初日が望めました。
今年も皆さんよろしくお願いします。
2006初日

こんにちは ....

こんにちは まっさんです。
ずっとずっとご無沙汰でした。
何回も書き込もうと思ってたんですけど、一度、間を置いてしまうとなかなかカキコする気になれなくて・・
でも今日お客様から指摘されて、やっとふっきれました。
また、ちょくちょくアップしてきますよ。

さてまっさんの近況ですが、師走も本番になり店は忙しくないんですけど、やることだけはいっぱいあって、クリスマスを過ぎたというのにまだ年賀状を書いてません。
毎年こんなもんなんですけどね!
今日あたりからは、お正月に向けての仕入れの調整や準備で大忙しです。
28日の定休日は、年賀状と大掃除で終わってしまうでしょう。
その後は一気にお正月を迎え、1月11日まで休みなしに営業です。

数日前に以前尾鷲に滞在していたアメリカ人の”アル”に会いました。
彼は去年の8月に、アメリカのワシントンへ帰って、読売新聞社の仕事をしていました。
ある論文で入賞して、日本行きのチケットを副賞でゲットし、再び尾鷲に来てくれたのです。
滞在中には、毎日のようにうちのお店に来てくれて、本当に感謝してます。
今回メールアドレスを教えてもらったので、がんばって英語でメールしてみようかと思ってます。

今日はここまで。 
そうそう 、この文章新しく買った音声入力ソフトで書き込んでるですよ。
なかなかの優れもんで、8割から9割、正確に入力できます。
「ドラゴンスピーチ」ってソフトです。


もう寝ます おやすみなさい。

熊野古道 馬越峠

ここ東紀州は熊野古道伊勢路が世界遺産登録されてます。
まっさんは、実は隠れ山好きで、小学生、中学生の頃は周辺の山は全て登ってます。
この頃は「熊野古道」って名前も付いてなく、八鬼山越などは三木里側がほとんど廃道状態で、倒木を越えながらの山歩きでした。
今回18年ぶりに、馬越峠を歩いてきました。
前日の夜からの寒波で、熊野や紀北町ではうっすらと雪化粧したところもありました。
銚子川沿いの権兵衛の里からスタート。
種まき権兵衛の屋敷跡や、お墓、実際に使用していた火縄銃、お守りのずんべら石などを見て、銚子川を渡り、最近発掘された古道の石畳を歩き、R42の馬越峠の入り口で待ち合わせしていたせーこちゃんと合流。
昼食用の頼んでいた古道薬草弁当を持ってきてくれる。
ここからはヒノキの美林の中の静かな山歩きです。
途中江戸後期に石畳に彫られた落書きなど説明を受けながら、今も昔も自分の足跡を残したい人の気持ちは同じやなぁ~って感じました。
峠には丁度昼頃到着。気温は2度。
弁当を食べて下山し始める。
尾鷲神社を経て、庁舎前からバスに乗り、馬越峠登山口まで戻る。
そこから徒歩で権兵衛の里に。

またまた ま~た ご無沙汰です

国土交通省による出発地、目的地などの車両の利用状況を調べる「路側OD調査」に参加してきました。
場所は熊野大橋、新熊野大橋周辺。
日程は10 月 19 日( 水 )午前10時 ~ 10月20日(木)午前10時の24時間で、私はフル参加しました。

当日午前9時より受付、主催者側の簡単な挨拶と注意事項が説明された後、それぞれの担当部署に別れ聞き取り調査が始まりました。
ガードマンが何台かの車両を停車させて、それぞれの車両に一人ずつ運転席側に歩み寄り、アンケートを取ります。
アンケート内容は、車両の種類、出発地、目的地、ETCの有無、移動目的、貨物車に関しては積荷の内容等、沢山のデータを運転者より素早く聞き取り(1~2分)、用紙に記入します。
渋滞など交通状況に直接影響するので、まさにお時間との戦いです。
混雑時間には2km~3kmの渋滞で、ドライバーの方にも大変後迷惑をかけました。
笑顔で挨拶してアンケートの内容を伝え聞き取りを始めるのですが、中には文句を言われたり、アンケートを拒否する方もいて、アルバイトの方やスタッフも大変です。
通勤時間帯など渋滞がひどくなると、一旦聞き取りを中止して車をしばらく流します。
その間は調査員は歩道などで待機し、渋滞が解消するとアンケートを再開します。

日中は炎天下の長袖では暑いくらいでした。
私の担当の新熊野大橋の上では海風が心地よく感じられましたが、日没を迎えるとともに風は山風と変わり、急激に体感温度は下がります。
深夜には風は5~6mと強くなり、ロングコートやウィンタージャケットがないと、寒いくらいです。
私はオートバイで冬に使用しているジャケットを着ていたのですが、それでも首筋や顔から体温を奪われ震えがきます。
深夜は車両の通過台数が減ってきますが、寒さと調査員の人数も減りますので楽ではありません。
早朝、普段はなかなか見られない朝焼けとともに、大橋から望む熊野灘よりの朝日は冷え切った体には何よりのプレゼントです。
私も思わず手を合わせてしまいました。
5時頃からは、昨日夕方で帰られたアルバイトも再び参加して、いよいよラストスパート。
深夜交通量の一番少ない時は4人で対応していましたが、7時ごろからは今回最高の40人以上の調査員で対応。
通勤時間のピーク時は車両をそのまま流して渋滞を調整して、午前10時無事に調査を終了。
24時間の長丁場をやり遂げた充実感を、参加された調査員、スタッフ全員が感じられるすばらしい体験でした。

私は休憩時間を除くと、24時間中15時間ほど調査に入りました。
ただ休憩時間は長い時で2時間ほどしかないので、仮眠できたのは1時間を2回、計2時間ほどでした。
スタッフの方などは一睡もせずほとんど休憩なしで走り回っていました。
ホントご苦労様でした。
調査員の方の年代層は高校生から75歳まで本当に幅広く、60歳から70歳の方が元気に24時間頑張ってらっしゃるのには本当にびっくりしました。
渋滞などでお仕事に影響されたドライバーの方、本当にご迷惑をおかけしました。
多くの方のご協力と、ご苦労によって集められたデータです。
一日も早く道路計画に反映して、この地域へフィードバックしてほしいものです。
次回は5年後、2010年の予定です。
あなたも参加されてはいかがでしょうか。
ちなみに24時間頑張ったご褒美は,30,000円でした。

20051023025910.jpg

聞き取り調査開始!
20051023025956.jpg

待機中、ふっと橋の上から熊野川を見下ろすと、3隻のカヌーが音も立てずゆっくりと下っていきました。
なんか癒されますね~
20051023030044.jpg

本当に太陽の光が有り難く思います
合唱!
プロフィール

まっさん

  • Author:まっさん
  • 管理人のまっさんですよ!

    バイクが好きで、自然が好きで、仕事があんまし好きでないちょっと普通な人間です

    ちなみに24時間、いつ書き込みに来るかわかりません
    人に『お前いつ寝てるんだ』ってよく言われます
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク